一緒に読もう!~保育スタッフおすすめ絵本~<2017年3月>

ママトコタイムでも保育に取り入れている絵本の読み聞かせ。
お子さんには本を通じてたくさんの物語に触れ、絵を楽しみ、想像力を膨らましてもらいたいですね。

今月もお子さんが大好きなものや、この季節にぴったりな絵本を紹介いたします。

なーんだ なんだ (0歳~)
作・絵:カズコ・G・ストーン
出版社:童心社

 

 

 

 

 

「なーんだ なんだ くろいの なんだ?」とリズムよく読むことができ、それに合わせて少しずつ出てくるパンダ。

とてもシンプルなイラストと言葉になっているので、繰り返しやまねっこが大好きなお子さんにはぴったりな1冊となっています。

 

 おべんとう (2歳~)
作・絵:さとう めぐみ
出版社:ひかりのくに

 

 

 

 

前から読むとお母さんが心を込めてお弁当を作り、

後ろから読むとお子さんがひとつひとつ嬉しそうにお弁当を食べている様子が描かれていて1冊で2通りの楽しみ方ができる絵本となっています。

 ぼく、おおきくなるからね! (5歳~)
作:くすのき しげのり
絵:わたなべ ゆういち
出版社:鈴木出版


 

 

 

 

 

子どものとき誰もが思う「おおきくなる!!」という思いが描かれている1冊です。

「お姉ちゃんよりも」「お父さんよりも」「スカイツリーよりも」大きくなりたいぼく。

夢がどんどん膨らんでいく中、不安な気持ちも出てきますが、お母さんの一言で安心するという優しい気持ちになるお話しとなっています。

 

気になる絵本はありましたか?

卒園や入園、進級などのお祝いの一つとして絵本をプレゼントしてみてもいいですね。

マムズクリエイティブグループgoogle women willはなはなみかん
Copyright© 2013 ママトコタイム All Rights Reserved.