ららぽーと海老名で製作イベントを開催しました!<2017.05.15>

神奈川県海老名市にあるららぽ-と海老名にてコドモゼミのイベントをママトコタイム主催で開催しました。

今回は、どのご家庭にでもある「トイレットペーパーの芯」を使ったおもちゃ『不思議なボールでころころ遊び』を製作するイベントを行いました。

この日は今すぐにでも雨が降りそうな天気でしたが、1回目、2回目合わせて14組の親子が参加してくださり、その中でも3組の親子は、LaLaport海老名さんのHPにて事前予約して遊びに来てくださいました。

まずは材料選び。
まず好きな色柄の折り紙を選び、次に「ビ―玉」のきれいな色をじっくり見たり、「鈴」の音をうれしそうに鳴らしてみたりしながら、じっくり選んでいくお子さんたち。

材料選びが終わってから、早速おもちゃの外側部分になる折り紙にクレヨンやペンで絵を描いたり、シ-ルを貼ったり、思い思いの個性あふれる柄を作っていました。小さいお子さんたちも丸シ-ルをたくさん貼ってみたり、重ねてみたり、指先をたくさん使って作ってくれました!

大きいお姉さんたちは、ペンを上手に使ってお絵描きしています。

ある程度出来上がったら、先ほどの折り紙にのりを丁寧につけ、トイレットペーパーの芯に貼りつけていきます。
貼りつける作業は少し難しいようで、ママたちがお手伝いしている姿が多く見られました。
とても器用なママが多く、折り紙の余っているところをきれいに切り落としたり、少しずれていると貼りなおして整えたりと、巻き方にもとても個性があふれていてすてきに仕上がりました!

次は今回のボールの作り方の上で、最大のポイントになる閉じ方です。
片側をビニールテープで閉じてから、鈴とビー玉を入れ、反対側は最初に閉じた方向とは違う方向に閉じ、ビニールテ-プで貼りつけると出来上がりです!
閉じる方向を変えることにより、おもしろい動きが出てきます!

形が出来上がってからもまだまだ完成ではない!とさらにシ-ル貼りを楽しんでいるお子さんもいました。

丸シールでかわいいニコちゃんの模様を作った方もいました。

今回は、手作りしたおもちゃをすぐにをコロコロして楽しめるように、テーブルの滑り台を用意しました!
1人目のお子さんに遊び方を説明し、遊び始めると、「やりたい!!」と他のお子さんも出来上がったボールを持ってきて、ころころ転がしてみたり、滑らせてみたりして楽しんでいました。

小さいお子さんのなかには、まだ「転がす」ということがむずかしかったお子さんもいましたが、鈴を鳴らして「ガラガラ」遊びとして、音のおもちゃとして楽しんでくれている様子でした。

参加してくださったママからは「トイレットペーパーの芯で簡単におもちゃを作って遊べるのはいいですね!」「まだ1歳だと早いかな?と思っていたけど、子どもが興味を持って遊んでいたので良かったです」というお声を頂きました。

帰り際に作ったおもちゃをママがカバンにしまおうとすると「自分で持ちたい!」と大事そうに持って帰っているお子さんが印象的でした。また、おみやげの「カ―ネーションのカード」を早速作って「パパにプレゼントする」とニコニコお話ししてくださるお子さんもいて、スタッフ一同とてもうれしかったです。

これからも身近なものを使って、ご家庭でも楽しめる製作を紹介していきたいと思います。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

マムズクリエイティブグループgoogle women willはなはなみかん
Copyright© 2013 ママトコタイム All Rights Reserved.